米メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル?マイアミが7日に國立で親善試合の神戸戦を行い、アルゼンチン代表FWリオネル?メッシ(36)が後半15分から途中出場して大きな波紋を呼んでいる。

2月7日,美國職業足球大聯盟(MLS)國際邁阿密隊在國立體育場與神戶隊進行了友誼賽。阿根廷隊前鋒梅西(36歲)在下半場第15分鐘替補出場,引起了軒然大波。

メッシは內転筋を痛めている影響から、この日はベンチスタート。しかし後半開始からアップを始めると、同15分についにピッチへと立った。すると國立に駆けつけたファンやサポーターからは大歓聲が沸き起こった。その後は鮮やかなパスや巧みなボールタッチなどさすがのプレーを披露。負傷明けを感じさせない天才のパフォーマンスに日本のファンが酔いしれた。

由于內收肌受傷,梅西在替補席上開始了這一天。不過,他從下半場一開始就開始熱身,并最終在第15分鐘上場。隨后,沖向國家體育場的球迷和支持者爆發出陣陣歡呼聲。此后,他展現了一些令人印象深刻的表現,包括精彩的傳球和熟練的觸球。日本球迷對這位傷病未愈的天才的表現著迷。

中國から駆けつけたファンも多かったことから、大きな関心事になっており、日本でメッシがプレーするとすかさず反応。中國版X(舊ツイッター)の「微博」では「二度と中國に來るな?。?!」「彼は怪我から2日で回復 なんという醫療の奇跡」「メッシがプレーして死ぬほど笑った」「プレシーズンゲーム6試合中5試合に出場し、欠場したのは中國の香港での試合のみ。中國に來るな、中國はお前を歓迎しない」などと大荒れになった。

因為從中國趕來的粉絲也很多,變成了非常令人關注的話題,梅西在日本比賽后馬上反應在中國版推特的微博上,“不要再來中國了??!”“他受傷兩天就恢復了,這是醫療奇跡”“梅西踢球大笑不止”“6場季后賽中只參加了5場比賽,缺席的只有中國在香港的比賽。不要來中國,中國不歡迎你”等等,變成了一場大風波。