日本には、國民はもちろん、首相や官僚でさえもよくわかっていない「ウラの掟」が存在し、社會全體の構造を歪めている。

在日本,不僅是國民,就連首相和官僚也不甚了解的“潛規則”的存在,扭曲了整個社會的結構。

そうした「ウラの掟」のほとんどは、アメリカ政府そのものと日本とのあいだではなく、じつは米軍と日本のエリート官僚とのあいだで直接結ばれた、占領期以來の軍事上の密約を起源としている。

這樣的“潛規則”幾乎都不是美國政府本身和日本之間的,實際上是以美軍和日本的精英官僚之間直接締結的占領期以來的軍事上的密約為起源的。